ユナイテッドアスレでオンリーワンなTシャツを作ろう

Tシャツ生地の素材や種類はどんな物があるのか?

Tシャツ

Tシャツ作成は生地選びも大事

実際にオリジナルTシャツを作る際に大事なのは生地選びも重要な一つです。オリジナルTシャツは生地が厚いものが値段が一番高く薄くなるにつれて安くなっていきます。また、プリントの大きさでも値段が変わってきます。素材にもよりますが、料金を安く抑える為に薄い生地で作ると体をよく動かす部活動などの場面では長持ちしなくなります。素材の特性をしっかり理解してオリジナルTシャツを作ってみましょう。
Tシャツの素材にはたくさんの種類がありますが、生地によってプリントの仕方が違うのでしっかり確認をお願いします。
綿100%はメジャーなTシャツ素材です。着心地がしっかりしていて、洗ってもよれず長持ちしやすいのが特徴です。また手頃な価格なのでオリジナルTシャツを始めて作る方にはおすすめの素材です。次に、Tシャツの素材でよく聞くコットン・ポリエステル・レーヨンの三種類の糸を混ぜた素材をトライブレンドといいます。トライブレンドは肌触りが良く着心地がいいのが特徴です。お出かけの普段着としても使いやすい素材になっています。次に綿とポリエステルが混ざっているもの、もしくはポリエステルが100%の素材をドライといいます。涼しく、濡れても乾きやすいので、部活動やスポーツチームのユニフォームなど、体を動かし、汗をかきやすい場面でも着心地が変わらないのが特徴です。次に鹿の子と呼ばれるいわゆるメッシュ素材です。メッシュ素材も綿とポリエステルの混合素材でできており、涼しく、肌触りがいい素材になっています。シャツの素材によって適した場面があるのでしっかり考えてから選んでくださいね。

Copyright© 2018 ユナイテッドアスレでオンリーワンなTシャツを作ろう All Rights Reserved.